Arne Jacobsen

アルネ・ヤコブセン

1902 - 1971

1927年、王立美術大学建築科を卒業。デンマーク近代建築、機能主義建築の旗手として多くの建築を設計、同時に家具を設計し、家具デザイナーとしても多くの名作を残している。特に新しい素材と技術を使って、ユニークな形態の家具をつぎつぎと生み出した。量産可能な素材と技術による新しい世界の創造は、それまでのデニッシュデザインに新世界を開いたといえる。彼は建築家として単に建物のみを設計するだけではなく、常に建築環境全体を総合的にまとめあげることをめざしており、生活什器からインテリアファブリックス、時としては造園までデザインした。その幅の広さは他のデザイナーの追随を許さない。1956年から1965年まで、王立美術大学建築科教授をつとめる。

織田憲嗣氏著「デンマークの椅子」より引用

世界中から愛され続ける名作を数多く残した、完璧主義者

 

建築、家具、照明、金物からカトラリーにいたるまで、一つのプロジェクトのあらゆるものを自らデザインした北欧の巨匠アルネ・ヤコブセン。完璧主義者と称された彼は、若い頃から数々の設計コンペに勝利し、デンマーク中には彼の設計した建物がおよそ150件も存在します。自ら設計した建築物をより完璧に見せるためにデザインした家具や照明は、今なお、世界中で愛されています。彼は傑出したデザイナーとして尊敬を集め、今もその名声は衰えていません。

-  Production  -

1872年に家具の部材メーカーとして創業したフリッツ・ハンセン。アルネ・ヤコブセンとの恊働は1932年から始まりました。工業化を意識した「ファニチャーファクトリー」を自負し、成形合板や発泡ウレタンなどの技術をもつ一方で、ウェグナーの「チャイナチェア」などの美しい木の椅子や、ポール・ケアホルムのスチールと革の椅子など、素材の扱いには職人的な細やかさももっています。

more

©︎ 2018 ROGOBA.