Kasper Salto

キャスパー・サルト

1967 - 

1967年コペンハーゲン生まれ。1988年まで木工家具の技術を学び、最終制作で銀賞を獲得。6年後の1994年にデンマーク・デザインスクールを卒業し、ルズ・テューエセン社に家具デザイナーとして就職しました。1998年に独立しコペンハーゲン・クリスチャンハウスにスタジオを設立。2005年デンマーク クヌード五世エンゲルハート・メモリアル賞受賞。

2015年、ロゴバがサインをいただきました。

-  Production  -

1872年に家具の部材メーカーとして創業したフリッツ・ハンセン。工業化を意識した「ファニチャーファクトリー」を自負し、成形合板や発泡ウレタンなどの技術をもつ一方で、ウェグナーの「チャイナチェア」などの美しい木の椅子や、ポール・ケアホルムのスチールと革の椅子など、素材の扱いには職人的な細やかさももってます。さらに、次世代の名作を生み出すべく、ハイメ・アジョンやキャスパー・サルト、セシリエ・マンズなど、世界中から優れたデザイナーを採用し、現代においても、フリッツ・ハンセンならではのデンマークの伝統と新しい才能とをコラボレートさせた新作を発表し続けています。

©︎ 2018 ROGOBA.