Jaime Hayon

ハイメ・アジョン

1974 - 

スペイン人デザイナー、ハイメ・アジョン。10代でアメリカのサンディエゴへと旅立ち、スケートボードのメーカーで働き始めたアジョンはストリート系のサブカルチャー、グラフィティ、そしてDIYに夢中になったといいます。その後マドリードのヨーロッパ・デザイン学院でデザインを学び、29歳で開いた彫刻の個展が話題になり数多くの賞を受賞。その5年後、2008年夏にフリッツ・ハンセンとのプロジェクトがスタートしました。

-  Production  -

1872年に家具の部材メーカーとして創業したフリッツ・ハンセン。工業化を意識した「ファニチャーファクトリー」を自負し、成形合板や発泡ウレタンなどの技術をもつ一方で、ウェグナーの「チャイナチェア」などの美しい木の椅子や、ポール・ケアホルムのスチールと革の椅子など、素材の扱いには職人的な細やかさももってます。さらに、次世代の名作を生み出すべく、ハイメ・アジョンやキャスパー・サルト、セシリエ・マンズなど、世界中から優れたデザイナーを採用し、現代においても、フリッツ・ハンセンならではのデンマークの伝統と新しい才能とをコラボレートさせた新作を発表し続けています。

©︎ 2018 ROGOBA.