Jørgen Høvelskov

ヨルゲン・ホヴェルスコフ

1935 - 2005

ハープチェアの設計者ヨルゲン・ホヴェルスコフは1935年にデンマークに生まれ、2005年に亡くなります。彼は若い頃、コペンハーゲンにあったキャビネットメーカーC.P.ハンセン社で修行をし、1955年見習い工として最高位のメダルを取得し卒業します。その後、デンマークのデザインスクールいわゆる王立デンマーク芸術アカデミーの家具設計科に入学し、1959年に卒業します。代表作であるハープチェアは1963年にデザインされたもので、同年のコペンハーゲン指物コンテストで最優秀賞を受賞しています。当初“ヴァイキングチェア” と名付け発表されましたが、当時のジャーナリストたちに“The Harp” と愛称されたため“ハープチェア” と改名し、そのユニークな形態によって世界へ広まります。

-  Production  -

コッホデザインは、コペンハーゲンの中心に位置する家具メーカーです。ラスムス・コッホは、デンマークのクラフトマンシップを継承する工房〈コッホ・デザイン〉を立ち上げ、2010年にハープチェアに関する権利をホベルスコフファミリーより取得し、製作および販売の権利をしております。製法は時代と共に少しずつ変わって行きましたが、現在は発表当時の原点に戻り、当時のまま製作されています。2014年からはロゴとデザイナーの名前、シリアル番号が刻印されたプレートが取り付けられています。家具に関しては、お客様のニーズを満たすカスタマイズされたハイエンドなデザインを作成しております。弊社の作品は全てデンマークからの純粋な北欧木材で製造されて、環境に優しい仕事をしております。

more

©︎ 2018 ROGOBA.