Kaare Klint

コーア・クリント

1888- 1954

「デンマーク近代家具デザインの父」と呼ばれるコーア・クリントは、王立美術大学家具科の主任教授として、数多くのデザイナーに大きな影響を与えました。彼は、明確でロジカルな構造、無駄をそぎ落としたシンプルなライン、質の高い素材の使用、そして質の高いクラフツマンシップをデザインに求めたデザイナーです。

-  Production  -

ルイスポールセンは80年以上にわたり、確かなヴィジョンを持った建築家やデザイナーたちと共同し、建物とその周辺環境のための革新的なライティング・ソリューションを生みだしてきました。

©︎ 2018 ROGOBA.