Ib Kofod - Larsen

イブ・コフォード・ラーセン

1921 - 2003

王立美術大学建築科を卒業、家具デザイナーとして多くの量産家具およびキャビネットメーカーの製作家具のデザインを手がける。永年にわたって家具工業組合展示会にかかわった。

織田憲嗣氏著「デンマークの椅子」より引用

北欧らしいデザインで、デンマーク家具を世界に知らしめた一人

 

イプ・コフォード・ラーセンの名を後世に残すことになった名作「エリザベスチェア」。その肘の彫刻的な美しさは美術作品とも呼べるもので、デンマークの有名デザイナーで、哲学者、詩人でもあったピート・ハインは、この椅子を題材として、 イラストレーション入りで「椅子と彫刻」という詩を発表しているほどです。ハンドワーカーとして高い技術を誇るクリステンセン&ラーセン社とのパートナーシップから生まれたラーセンの家具は、クオリティも高く、多くの人に親しまれました。 ラーセンもまた、ウェグナーやヤコブセン、フィン・ユールといった著名デザイナーと同様、デンマークデザインを世界に広めた代表的なデザイナーです。

-  Production  -

キタニは、その製作技術の素晴らしさから北欧家具の巨匠たちに高い評価を受け、フィン・ユール、イプ・コフォード・ラーセン、ナナ・ディッツェルなど、現在、6人のデザイナーの作品製作ライセンスを取得し、卓越したクラフトマンシップで復刻しています。
キタニでは、スネーカーマスターであり「クリステンセン&ラーセン社」を設立したウィルム・ラーセンから譲り受けたエリザベスチェアをいつも工房に置き、職人が手で触って確認しながら、微妙な曲線を削り出しています。

more

©︎ 2018 ROGOBA.