Poul Henningsen

ポール・ヘニングセン

1894 - 1967

20世紀のデンマーク文化に多大な影響を与えた偉大な人物の一人であり、照明、建築、デザイン分野にとどまらず、レビュー作家、社会評論家としても活動を展開し、1930年代には急進的文化人としての地位を確立しました。ルイスポールセン社との出会いは1925年に遡り、生涯にわたるパートナーシップが築かれました。ルイスポールセン社とのコラボレーションは1925年に始まり、1967年に亡くなるまで続きました。ルイスポールセン社は今日までも、へニングセンの天才の恩恵を受けています。彼がパイオニアとして切り開いてきた照明分野の業績 - 影と光、グレア、光による色の再現、そしてそれら光の特性を人間の福利に結びつくように利用すること - は、いまもルイスポールセン社が実践するライティング・セオリーの基礎となっています。

-  Production  -

ルイスポールセンは80年以上にわたり、確かなヴィジョンを持った建築家やデザイナーたちと共同し、建物とその周辺環境のための革新的なライティング・ソリューションを生みだしてきました。

©︎ 2018 ROGOBA.