Nanna Ditzel

ナナ・ディッツェル

1923 - 2005

1946年、工芸学校卒業。1946年にヨルゲン・ディッツェルと共に自身の事務所設立(1961年ヨルゲン・ディッツェル没)、永年にわたり独自のデザインを展開、今日もなお、若々しい作品と独自の色彩感覚あふれる作品で活躍する。

織田憲嗣氏著「デンマークの椅子」より引用

女性ならではの視点で、多方面にわたり活躍

ナナ・ディッツェルは、1950年代のデンマーク家具デザインの黄金時代をフィン・ユール、ハンス・J・ウェグナーらと共に築き上げた北欧を代表する女性デザイナー。ナナ女史は、家具デザインはもちろん、インテリア小物、ジュエリー、テキスタイルなど、多方面にわたり活躍し、その活動には数々の名誉ある賞が与えられました。彼女は、常に新しい素材に興味を示し、時にはアーティストとして、時には職人のように、様々な物からインスピレーションを得、女性ならではの視点で、美しく機能的な形へと変貌させました。

アクセサリーのドローイング

​ナナ女史デザインのベビーチェアに座る双子の娘VitaとLule

​Kvadrat Hallingdal

-  Production  -

キタニは、その製作技術の素晴らしさから北欧家具の巨匠たちに高い評価を受け、フィン・ユール、イプ・コフォード・ラーセン、ナナ・ディッツェルなど、現在、6人のデザイナーの作品製作ライセンスを取得し、卓越したクラフトマンシップで復刻しています。ナナ・ディッツェルは、2002年11月にフィン・ユール夫人のハナ・ウィルヘルム・ハンセンさんと来日し、キタニ『知の再生2』展示会でテーブルトークを行いました。

デンマークのフレデリシアで1911年に創業した家具会社が前身。デンマーク国内の新人デザイナーの発掘にも定評があるそのフレデリシア社のコレクションには、ボーエ・モーエンセンやナナ・ディッツェルなどといった、デンマークデザインを国際的な躍進へと導いた著名デザイナーたちによるモダンクラシック家具と、革新的な成長を続ける近代デザインが集結しています。

1952年、山川ラタン製作所として東京都大田区に創業。2009年に、現在のヤマカワラタンジャパン株式会社となりました。 北欧を代表するデザイナー ナナ・ディッツェルのハンギングエッグチェアのライセンスを取得し製作しています。 ヤマカワラタンの籐家具は、すべての工程が手作業で行われています。

1899年、デンマークの海に近い街ギズステズで設立。当時はマットレス専門メーカーでしたが、北欧デザイン界に多大な影響を与えたハンスJ.ウェグナーのデザインに、革新的な技術開発で応え続けたことで、北欧を代表する家具メーカーとなりました。

©︎ 2018 ROGOBA.