Finn Juhl

フィン・ユール

1912 - 1989

王立美術大学建築科でカイ・フィスカーに学び、1934年卒業。コーア・クリントに学んだデザイナーがデンマーク家具デザインの主流として活躍する中で、独特の発想と造形力で全く違ったデンマークデザインの在り方を示した人物である。ヴィルヘルム・ラウリッツェン建築事務所勤務のかたわら、キャビネットメーカー技術者であるニールス・ヴォッダーの協力を得て数々の名作を設計、その優れた彫刻的形態と造形感覚で独自の世界を作り上げ、世界にデンマーク家具を知らしめた一人。彼の作品は名作であるチーフテンチェアに見られるように、安定した構造体の構成と部分としてのユニークな形態、そのそれぞれの出合い、そこに生まれる独特な全体としての調和とその最高の完成度が特徴である。それゆえ、形態とディテールの美しさで“家具の彫刻家”といわれている。

織田憲嗣氏著「デンマークの椅子」より引用

美しすぎるフィン・ユールの椅子

 

フィン・ユールは彫刻家のヘンリー・ムーアやジャン・アルプの作品に傾倒しており、その影響からか、ユールの生み出す家具は彫刻作品を思わせるものでした。彼の生み出す家具は、それまでにない構造と造形であったため、どこか危うさを伴っており、それが独特の緊張感をたたえたデザインとなっています。そのことは他の家具デザイナーたちとは違う“華”のあるデザインとして、世界中で人気があります。

フィン・ユールとニールス・ヴォッダー

 

デンマークの家具デザイナーの多くは家具職人としての技術を修得し、指物師としての資格を持っていますが、フィン・ユールは建築家の道を選択したため、家具作りに関する技術を有していませんでした。その製作面を側面から支えたのが職人のニールス・ヴォッダーでした。彼の存在があったからこそ、フィン・ユールは家具に対する既成概念にとらわれることなく美しいフォルムの家具を次々と発表していきました。

-  Production  -

キタニは、その製作技術の素晴らしさから北欧家具の巨匠たちに高い評価を受け、フィン・ユール、イプ・コフォード・ラーセン、ナナ・ディッツェルなど、現在、6人のデザイナーの作品製作ライセンスを取得し、卓越したクラフトマンシップで復刻しています。フィン・ユールの作品は、1996年、奥様のハンナ・ヴィルヘルム・ハンセンさんと契約を結び、試作と技術面の確認に2年を費やし、1998年より復刻生産を開始しました。

1990年、イヴァン・ハンセンとハンス・ヘンリク・ソーレンセンが、家具メーカーのハンセン&ソーレンセン社を創業したことが始まりです。1998年からフィン・ユールの椅子の復刻をはじめ、2007年にそれまで復刻家具のブランド名だったワンコレクションを社名に採用しました。フィン・ユールの多くの代表作のライセンスを取得しています。2017年よりHouse of Finn Juhlをブランド名に起用。

more

©︎ 2018 ROGOBA.